お墓参り

   お墓参り

 大切な家族の祥月命日
 お墓参りに行ってくる
 
 日差しは春の、2月の下旬
 
 急峻な山道をゆらゆらしながら登っていき
 山の中腹にある墓地にたどりつく
 整然と並んだ墓石と石塔は全部で15基
 ここに葬られているご先祖様は
 いったい何人になるのだろうか
 こんなに大勢のご先祖様に見守られていたんだ
 もったいなくも、ありがたいこと

 花を供え、お線香をあげ
 最後に墓石に手を合わせ
 それから亡き人に話しかける
 恥ずかしいから声には出さず
 の中でつぶやいた

 (あなたが逝ってもう5年になるけど
  そちらの生活はどうですか
  ご先祖様も大勢いらして
  にぎやかそうじゃないですか
  もずいぶん落ち着きましたか

  あなたに何もしてやれず
  あなたの力になってもやれず
  本当に本当にごめんなさい

  また来ます
  ごきげんよう)
 
 日差しは春の、2月の下旬
 それでも風はまだまだ冷たい
 眠気もよおす昼近く
 祥月命日のお墓参り
 無事に済ませて参りました

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

あさひなせいしろう

Author:あさひなせいしろう
 拙い文章を読んでいただき、とて
もうれしいです。心より感謝申し上
げます。
 もしも何か感じるものがありまし
たら、「フリーエリア」のバナーを
それぞれ1回ずつクリックしていた
だけると、さらにうれしいです。私
のブログの生きる糧になります。お
手数をおかけしますが、どうぞよろ
しくお願いいたします。
 こうして読んでいただけたのも、
何かのご縁にちがいありません。あ
なたの人生の今日というかけがえの
ない一日が、すばらしいものになる
ことをお祈りいたします。
 最後まで読んでいただき、ありが
とうございました。
  

このブログの訪問者

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR