冬の朝日

1月26日6の30
                                1月26日の朝日


午前7時

私の住む山里の
南東の山際に
冬の朝日が
顔を出す

空の反対側では
沈んでゆく月が
黙ってそれを見ている

気温はマイナス6度
皮の手袋を貫いて
寒気が沁みとおる

太陽と地球の距離は
1億4960万km
今、8分19秒かかって
ほのかにあたたかい
太陽の光が
私に届いた

光は
静かに静かに
満ちて

万物を励まし
すべての存在に
力を与える

あなたにも
この光を
届けたい

1月26日10の15
              1月26日 北西の空に沈みゆく月


【あとがき】
 1月26日、早朝に出かける用事があって、
その途次、ふと思い立って、通りかかった公
園の展望台から撮影したのが、今日の写真で
す。昇ってくる朝日を撮り、振り返ると北西
の空に、沈んでゆく月が見えました。静寂の
中で展開される壮大なスケールの無言劇に立
ち会うことができました。

 今日も最後まで読んでくださり、ありがと
うございました。


にほんブログ村 病気ブログへ
 
にほんブログ村 ポエムブログへ

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

あさひなせいしろう

Author:あさひなせいしろう
 拙い文章を読んでいただき、とて
もうれしいです。心より感謝申し上
げます。
 もしも何か感じるものがありまし
たら、「フリーエリア」のバナーを
それぞれ1回ずつクリックしていた
だけると、さらにうれしいです。私
のブログの生きる糧になります。お
手数をおかけしますが、どうぞよろ
しくお願いいたします。
 こうして読んでいただけたのも、
何かのご縁にちがいありません。あ
なたの人生の今日というかけがえの
ない一日が、すばらしいものになる
ことをお祈りいたします。
 最後まで読んでいただき、ありが
とうございました。
  

このブログの訪問者

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR