ジョロウグモ

9月30日クモ2の30
                                                       ジョロウグモ

 9月最後の美しい朝
 大きなジョロウグモが
 新しい巣作りに励んでいた

 巣全体をつるす「橋糸」を力強く張り渡し
 そこに巣の外枠となる糸と放射状の足場糸を
 思いっきり広々と確保した上で
 最後の仕上げに粘着力のある横糸を
 せっせと張り巡らせている

 クモはこの巣にかかった昆虫の体液を吸い
 己の命をつなぐのだ
 太古の昔から繰り返されてきた
 生命保持のいとなみ
 誰にも文句は言わせないといわんばかりに
 ジョロウグモはせっせと巣作りに励む

 やがて完成した大きな蜘蛛の巣は
 ジョロウグモにとっては命を育む大切な揺り籠となり
 捉えられる虫たちにとっては不気味な罠となって
 朝陽に輝くことだろう

 ジョロウグモが
    人間が勝手に命名した、悲しい響きをもつ
 その名前などおかまいなしに
 おのれの生を全うしようと
 もって生まれたその資質を生かすように
 
 私も、そしてこれを読んでいるあなたも
 私やあなたの特性や持病など
 それは総じて個性といって間違いではないが
 そういう自分の個性を生かして
 そう、持病まで生かして
 誰に恥じることもなく
 誰におもねることもなく
 誇りをもって自分という人間を
 開花させることができたら
 
 それはたとえば
 「生まれて来てよかった」
 そういう感慨を伴うものだと思うが

 それにまさる喜びはないだろう 




【あとがき】
 ジョロウグモの写真は9月30
日に撮影しました。自宅の周りに
は蜘蛛の巣がいっぱいで、被写体
不足を悩むことはありません。

 いつも変わらぬ応援に、より
感謝申し上げます。
 最後まで読んでくださり、あり
がとうございました。

にほんブログ村 ポエムブログへ
                  にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

No title

はじめまして、小枝と申します。人気BLOGランキングよりお訪ねいたしました。

10年前より憧れていたブログなるものを見よう見真似で始め、身近な自然などをきりとり掲載しております。

琴線にふれた光景に出逢えるとそれに詩を添えています。もしよろしければご笑覧いただけると光栄です。

またおじゃまさせて頂きたいと思います。

Re: No title

小枝さん、初めまして。あさひなです。コメント、ありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。

生まれながらの個性

「女郎蜘蛛」の名前の由来は、その名の通り、遊郭の女郎からきていると思っていましたが、もうひとつ、大奥の高級女官であった上臈(じょうろう)からきているという説もあるのですね。
いずれにしても、華やかで艶やかな姿からその名が付いたのでしょうか?
あるいは「女郎蜘蛛」は雌が雄を喰らうともいうので、男たちを食い物にするという意味なのかも知れません。
いずれにしても生きるため、たとえ残酷な個性を背負っていたとしても、決してそれを変えることが出来ないから、その個性を活かし、精一杯生きるしか無いのでしょう。
生とは不思議な宿命ですね・・・

Re: 生まれながらの個性

コメント、ありがとうございました。ジョロウグモの生態までは知りませんでした。命名の由来まで、よくご存じですね。勉強になりました。ありがとうございます。
非公開コメント

プロフィール

あさひなせいしろう

Author:あさひなせいしろう
 拙い文章を読んでいただき、とて
もうれしいです。心より感謝申し上
げます。
 もしも何か感じるものがありまし
たら、「フリーエリア」のバナーを
それぞれ1回ずつクリックしていた
だけると、さらにうれしいです。私
のブログの生きる糧になります。お
手数をおかけしますが、どうぞよろ
しくお願いいたします。
 こうして読んでいただけたのも、
何かのご縁にちがいありません。あ
なたの人生の今日というかけがえの
ない一日が、すばらしいものになる
ことをお祈りいたします。
 最後まで読んでいただき、ありが
とうございました。
  

このブログの訪問者

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR