抜け殻

8月25日蝉の抜け殻3の50

 セミの抜け殻を見つけた
 8月下旬の早朝
 庭に面した物干し台の
 ウッドデッキの側面に
 ぽつんと一つ、へばりついていた

 きのう、辺りに夕闇が迫るころ
 セミは7年間過ごした
 闇に閉ざされた地中から
 残照に照らされた地上に這い出し
 板の凹凸に爪をかけ
 羽化を始めたのだ

 自身をおおう殻から抜け出し
 大きく伸びをしてから  
 羽を広げ、体を乾かして
 ついにセミは飛び立ったのだろう
 
 セミの命が尽きるのは1週間後
 セミたちも、その宿命から
 逃れることはできない、だから
 残された1週間
 セミは命をかけて恋をする

 セミは勇んで飛び立ったのだ
 命の炎を燃やすため
 恋に命をかけるため

 残された時間はあとわずか
 悩んでいるヒマなどもうないのだ
 抜け殻だけを形見に残し
 命をかけて恋をするセミに
 僕は幸あれと願う

 一方、この僕ときたら
 いつの間にか君の虜になってしまい
 もはや魂は君に奪い去られ
 
 セミの抜け殻を見ながら
 僕は抜け殻のようになって
 身動きもできず
 ただぼんやりと
 君のことを恋い焦がれているばかり




【あとがき】
〇セミの寿命
 セミの寿命は、土の中で幼虫として
過ごす期間が約7年、成虫として地上
で生きる期間が7日程、合わせて約7
年と7日とされています。羽化を経て
大空へ飛び立ったセミの成虫に残さ
れた時間は、たったの7日。この7日
間、セミは命をつなぐ樹液と恋の相
手を求めて、その命を燃やし尽くし
ます。何とドラマチックで、激しく
て、潔い一生なのでしょうか。

 いつも応援いただき、感謝してお
ります。
 最後まで読んでくださり、ありが
とうございました。

にほんブログ村 ポエムブログへ
                  にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

あと1週間

限られた命だから真剣に生き、必死で鳴き、懸命に恋をするのかも知れません。
地中から解放され、最後に与えられた命の輝き・・・大切にしたい。
そんな蝉の気持ち痛いほど心に染みます💖

いよいよ暑く、長かった夏も終わるのですね。

Re: あと1週間

コメント、ありがとうございました。夏もそろそろ終わりに向かいますし、夏休みが終わって学校が始まったところも多いようです。夏のいい思い出が残るといいですね。
非公開コメント

プロフィール

あさひなせいしろう

Author:あさひなせいしろう
 拙い文章を読んでいただき、とて
もうれしいです。心より感謝申し上
げます。
 もしも何か感じるものがありまし
たら、「フリーエリア」のバナーを
それぞれ1回ずつクリックしていた
だけると、さらにうれしいです。私
のブログの生きる糧になります。お
手数をおかけしますが、どうぞよろ
しくお願いいたします。
 こうして読んでいただけたのも、
何かのご縁にちがいありません。あ
なたの人生の今日というかけがえの
ない一日が、すばらしいものになる
ことをお祈りいたします。
 最後まで読んでいただき、ありが
とうございました。
  

このブログの訪問者

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR