再生の序章

 8月11日14 5割

 夏の青空がまぶしく広がっていると思っていたら
 たちまち雷鳴がとどろき、突風が巻き起こり
 にぎやかな蝉たちの声もかき消される
 大音量の雨音
 大粒の雨が凄まじい勢いで
 叩きつけるように降ってきて
 そしてすぐに止んだ
 夏空が衝動に駆られて
 大声で叫んだんだ
 「こんな退屈な毎日なんて、真っ平御免だ!」

 生きづらさに息が詰まりそうな日々
 悪夢のようにまとわりつく過去の辛い記憶
 常に何かに耐えながら生きる人生
 の奥の奥に抑え込んでいる
 微笑みで隠した蠢く暗い情念

 でも、限界があるよ 
 
 だから、我慢しないで吐き出して
 自分を閉じ込めている
 牢屋の鉄格子を突き破って
 よどんだ日常を蹴散らすんだよ

 叫べ、怒れ、泣きじゃくれ!

 そうやって本来の自分を取り戻すんだ
 幼いころの自分の笑顔を
 ありのままの本当の自分を
 魂の真ん中に深く刻み込まれた
 何者も手出しのできない君自身を
 しっかりと見つけるんだ
 
 そうして、もう一度
 自分を好きになるんだ

 自分を好きになれたなら
 もっと好きになるために
 磨きぬかれたおしゃれをして
 背筋もピンと伸ばして
 自信に満ちあふれて
 街に繰り出すんだ、そして
 男たちを、女たちを
 思う存分悩殺するんだ

 さあ、君が同意するのなら
 今から再生の物語を始めよう

 その序章は、こうだ

 まずは、思い切り激しく
 叫べ、怒れ、泣きじゃくれ!

 我慢しないですべてを吐き出せ!

 自分を閉じ込めている
 牢屋の鉄格子を突き破って
 よどんだ日常を蹴散らすんだ




【あとがき】
 いつも応援をいただき、より
感謝いたします。
 最後まで読んでくださり、あり
がとうございました。


にほんブログ村 ポエムブログへ
                  にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

あさひなせいしろう

Author:あさひなせいしろう
 拙い文章を読んでいただき、とて
もうれしいです。心より感謝申し上
げます。
 もしも何か感じるものがありまし
たら、「フリーエリア」のバナーを
それぞれ1回ずつクリックしていた
だけると、さらにうれしいです。私
のブログの生きる糧になります。お
手数をおかけしますが、どうぞよろ
しくお願いいたします。
 こうして読んでいただけたのも、
何かのご縁にちがいありません。あ
なたの人生の今日というかけがえの
ない一日が、すばらしいものになる
ことをお祈りいたします。
 最後まで読んでいただき、ありが
とうございました。
  

このブログの訪問者

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR