ツユクサに寄す

7.26.3

 その鮮やかな個性は
 朝露に濡れ、光り輝くように
 今日も青い花弁を開いて
 ひっそりと
 ツユクサが咲いた

 ツユクサは朝、花開き
 昼にはしぼんでしまう
 はかない花

 あの人と出逢った時
 美しい人だと思った
 私はなぜか
 あの可憐なツユクサを
 思い浮かべた

 あの人を知れば知るほど
 ツユクサのような
 かわいらしさもわかってきた

 聡明で
 ユーモアのある人だった

 ツユクサは
 小さな花だが
 誇りをもって
 一生懸命
 けなげに咲いている
 そしてあの人も
 「矜持」と「愛」の人だった

 恋がはじまり
 恋が終わった

 私に向かって
 「意気地なし」と静かに言った
 あの人の言葉は

 有無を言わせぬ強さがあったが
 限りなく優しくもあった

 私はただ黙って
 受け入れざるを得なかった

 返す言葉など
 どこにもなかった

 ツユクサの花言葉は
 「尊敬」
 そして
 「なつかしい関係」
  
 ツユクサを見るたび
 あの人のことを思い出す
   


【あとがき】
 私の家の庭は手入れが行き届
かず、というよりほとんど野放
し状態で、いろいろな草花が繁
茂しています。そのため、いろ
いろな野の花を見ることができ
ます。冒頭の写真は、7月26
日の朝に撮影したツユクサです。
丈の高い草花に隠れるように咲
く小さな花ですが、緑の草を背
景に、朝露に濡れてひときわ鮮
やかに青と黄色と白のコントラ
ストを際立たせる可憐なたたず
まいの花が、私は大好きです。

 最後まで読んでくださり、う
れしいです。
 ありがとうございました。


にほんブログ村 ポエムブログへ
                 にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

あさひなせいしろう

Author:あさひなせいしろう
 拙い文章を読んでいただき、とて
もうれしいです。心より感謝申し上
げます。
 もしも何か感じるものがありまし
たら、「フリーエリア」のバナーを
それぞれ1回ずつクリックしていた
だけると、さらにうれしいです。私
のブログの生きる糧になります。お
手数をおかけしますが、どうぞよろ
しくお願いいたします。
 こうして読んでいただけたのも、
何かのご縁にちがいありません。あ
なたの人生の今日というかけがえの
ない一日が、すばらしいものになる
ことをお祈りいたします。
 最後まで読んでいただき、ありが
とうございました。
  

このブログの訪問者

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR