レイと息子

 家で飼っていた
 メスのゴールデンレトリバーの名前は
 レイといった
 35kgを超える大型犬で
 後足を軸に立ち上がって
 前足をかけて寄りかかられると
 大人の私でもよろめき、倒れそうになった  
 娘が小学5年生のとき
 リードをつけて散歩させていると
 突然走り出したレイに引っ張られ
 倒れて引きずられた娘は
 ジーパンの膝に大きな穴をあけた

 お転婆な性格で体の大きいレイは
    私たちのしつけも不十分で
 時々扱いに困ることがあった

 ある日
 いうことを聞かないレイに手こずった私は
 思わずその頭を平手で叩いた
 レイは叩かれたことがショックだったのか
 その場でお座りをしたまま
 遠くを見るような眼をして
 しばらく固まって動かなかった

 またある日には
 いうことを聞かないレイに手こずった私は
 レイを口汚くののしった
 ののしられたレイは
 物陰にうずくまって
 悲しそうにしていた

 レイは十歳で亡くなった

 息子はレイをかわいがった
 サークルの中で息子とレイが
 ただじっと並んで座っている姿を
 よく見かけた
 彼らはそうやって時間を共にすることで
 を通わせていたのだろう

 体中に腫瘍ができてしまった瀕死のレイを
 息子はよく看病した
 息子の看病のおかげで
 レイの寿命は
 間違いなく半年は延びた

 レイが亡くなって一年も経たないうちに
 「レイちゃんに会いたい」
 という言葉を残して
 二十五歳の息子が逝った
 
 彼らは天国で再会し
 日向ぼっこをしながら
 また同じように
 並んで座ってるんだろう

 過去にはもうもどれない
 未来はまだ来ない
 だから私は
 今を生きる

 だからせめて人には親切に
 話す言葉は、明るく優しく穏やかに
 そうして
 いただいた愛には
 それ以上の愛で応えようと

 贖罪の意識ではなく
 己の生を全うするために
 今を、生きていきたい


 【あとがき】
  最後まで読んでくださり、誠に
 ありがとうございました。
 

にほんブログ村 ポエムブログへ
                  にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

あさひなせいしろう

Author:あさひなせいしろう
 拙い文章を読んでいただき、とて
もうれしいです。心より感謝申し上
げます。
 もしも何か感じるものがありまし
たら、「フリーエリア」のバナーを
それぞれ1回ずつクリックしていた
だけると、さらにうれしいです。私
のブログの生きる糧になります。お
手数をおかけしますが、どうぞよろ
しくお願いいたします。
 こうして読んでいただけたのも、
何かのご縁にちがいありません。あ
なたの人生の今日というかけがえの
ない一日が、すばらしいものになる
ことをお祈りいたします。
 最後まで読んでいただき、ありが
とうございました。
  

このブログの訪問者

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR