こんにちは

   つながる   

 蒸し暑さの中にも
 吹き渡る風に涼しさが感じられる
 ある梅雨の日の夕暮れ
 近くの団地に沿う道を
 独りとぼとぼ歩いていると
 向こうから一人の小柄な少女がやってきた

 リュックを背負った、半袖・短パン姿
 この団地に住む、部活を終えて帰宅する中学生だろう
 そう思って再び視線を足元に落とし
 とぼとぼと覚束ない歩みを続けていると

 「こんにちは」

 と思いがけず少女があいさつしてくれた
 二人の間は10mほどあったが
 私のに届く、はっきりとした声だった
 
 「・・・こんにちは」

 あわてた私は、それでもすぐに気持ちを高め
 少女に負けないように
 少女のに届くように
 がんばって、はっきりとした声で応えた
 それから二人は微笑みを交わしたわけでもなかったが
 知らない二人のがつながったようで
 私はうれしかった

 どこで何が起こるかわからない
 今のこの物騒な世の中だが
 知らない男に挨拶する恐れよりも
 人とののつながりを大切にする
 少女の優しい思いが優ったのだ

 その小柄な少女は
 背筋を伸ばし、前を向いて
 変わらぬスタスタとした足取りで
 団地の中へ入っていった
 私も変わらぬとぼとぼ歩きで
 その団地を去った

 神よ
 少女に祝福を、ご加護を
 その無垢で純粋な魂を
 未来永劫にわたって守り給え
スポンサーサイト



コメント

いいですね

挨拶は、心と心を繋ぐ素敵な架け橋になってくれますから・・・

相手が、こんな可憐な少女でなく、むくつけき男性でも、醜悪な老婆であっても・・・
挨拶を貰えば、心は和む・・・
きっと、そういうものなんですよね。

Re: いいですね

 コメント、ありがとうございます。いつも応援していただいて、うれしいです。
非公開コメント

プロフィール

あさひなせいしろう

Author:あさひなせいしろう
 拙い文章を読んでいただき、とて
もうれしいです。心より感謝申し上
げます。
 もしも何か感じるものがありまし
たら、「フリーエリア」のバナーを
それぞれ1回ずつクリックしていた
だけると、さらにうれしいです。私
のブログの生きる糧になります。お
手数をおかけしますが、どうぞよろ
しくお願いいたします。
 こうして読んでいただけたのも、
何かのご縁にちがいありません。あ
なたの人生の今日というかけがえの
ない一日が、すばらしいものになる
ことをお祈りいたします。
 最後まで読んでいただき、ありが
とうございました。
  

このブログの訪問者

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR