物思い

2月27日9の15
                  フサザキスイセン 
                       花言葉:片思い 尊敬

スイセンの花が咲いた

早春の風の強い日
移ろいやすい日の光を浴びて

花を咲かせたスイセンは
物思いにふけるように

静かに立っていた

その花は、
片思いをする
娘の表情をしていた

あるいは、
人が、尊敬する誰かを
見つめているときの
横顔のようにも見えた

ゆらめくような日の光を浴びて
風の中に花を咲かせたスイセンは

幸せになれるだろうか

あの人は
今頃
どうしてるだろう

ゆらめくような日の光を浴びて
私もぼんやりと
物思いにふけっていた




【あとがき】
 写真は、自宅の庭に咲いた
スイセンの花です。Google検
索で調べたところ、スイセン
の中でも、フサザキスイセン
(房咲水仙)という種類のよ
うです。一本の茎から多くの
花が房のように群がり咲くの
で、このような名前がついた
とのこと。白と黄色の明るい
色彩の花で、葉はニラに似て
いますが、草全体が有毒だそ
うです。
 スイセンの花は、寒い冬に
花をつけることから、困難に
も負けずに強くたくましく成
長する存在と見なされ、縁起
の良い花として、お祝いのプ
レゼントに用いられることも
多いとか。
 (たとえ写真であっても)
この花をご覧になったみなさ
まが、どうか幸せになれます
ように。

 今日も最後まで読んでくだ
さり、ありがとうございまし
た。
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村 ポエムブログへ

スポンサーサイト



さみしいときは



12月31日3の20

こんな言葉に出逢った
 
「さみしく感じる時間は、
 戦っている時間なのだ。」

そうなんだ

さみしいときは
自分に優しくするときだと思っていた

さみしいときは
自分をいたわってやるべきときだと思っていた

さみしがっている自分に寄り添って
そんな自分と一緒になって
さみしくなるときだと思っていた

さみしいときとは
かたい殻の中に閉じこもって
背中丸めて目をつむって

嵐の通り過ぎるのを
ひたすら祈るときだと
思っていた

それはそれで
あながち間違いというわけでもないとは思う
ただ、この言葉をきいたときには
その言葉の響きが
やけに新鮮に聞こえた

「さみしく感じる時間は、
 戦っている時間なのだ。」

そうなんだ
ありがたい
目が覚めた

さみしいときとは
孤独なとき

誰も助けてくれないとき
自分で何とかしなければならないとき
自分の問題に独りで対峙するとき

そのとき求められる構えは
少年の頃
古びた防具に身を固め
竹刀一本持って
試合場に立ったときの
あのときの構えだ

もう一人で戦うしかない
誰にも頼れない
試合が始まれば
誰も助けてはくれない
自分を信じて
前に進むしかない

肚の底から湧き上がってくる
恐れと戦いながら
武者震いして剣道の試合に臨んだ
あのときの構えだ

さみしい気持ちになったときに
大切なことは

戦う自覚をもって
戦う意志をもって
戦う覚悟をもって
最後まであきらめずに

自分の問題に
きちんと対峙することだ
そこに、救いもある

さみしいときこそ
しょぼくれてる場合じゃないんだな




【あとがき】
〇「さみしく感じる時間は、
  戦っている時間なのだ。」について
 NHK総合テレビで放送されている番組
に「病院ラジオ」というのがあります。
漫才コンビのサンドウィッチマン(伊達
みきおさん・富澤たけしさん)が病院を
訪ね、そこに臨時のラジオ局を設置して
入院・通院患者の皆さんと対談をとおし
て交流する、という内容の番組です。
 2月23日(金)の朝にもその放送が
ありました。何人かの対談者の中に、白
血病の治療を受けている、15歳の女子
高校生がいました。一人でいるとき、無
性にさみしくなるとの女子高校生の嘆き
に対して、富澤さんが応じたお話の中に
出てきた言葉が、今回ご紹介した言葉で
す。厳密に見ると、引用に際しては、微
妙に表現は変わっていますが、言わんと
するところ、その趣旨は変えてはいない
つもりです。私がこの作品をまとめるこ
とができたのは、富澤さんのお陰です。
富澤さん、ありがとうございました。ち
なみに、私はサンドウィッチマンのお二
人と、面識は全くありません。
 また、この作品の中に、私が昔、剣道
をしていたような記述がありますが、そ
れは事実です。ただし、試合でなかなか
勝てず、モノにはなりませんでした。

 今日も最後まで読んでくださり、あり
がとうございました。
 いつも応援していただき、感謝してお
ります。


にほんブログ村 病気ブログへ
 
にほんブログ村 ポエムブログへ

無為の日

2月17日2の20

今日は何もできなかった
何もやる気が起こらない
も体も動かなかった

一日居間のカーペットの上で
ごろごろしていた

やらねばならぬことは人並みに
いろいろあるのだけれど

も体も
何としても動かなかった

居間のカーペットの上で
ごろごろしてるうちに
いつの間にか眠ってしまった

昼寝の夢の中に
不安のかたまりが入り込んできて

息苦しくなって
目が覚めた

窓の外を見ると
庭の木々たちが
空に向かって両手を伸ばして
叫んでいた

「たすけてくれ!」

荒い呼吸がおさまり
少し落ち着いてくると

ものを考えられるようになった

朝から何もやる気が起こらず
ただごろごろしていたことが
それを許そうと思っていたにもかかわらず
結局は自分を苦しめる理由にしている

何もできない自分を許せず
苦しんでいる

でも、今、自分は
その苦しみを
こうして書き綴っている

何もできなかった今日だけれども
弱音を吐くことだけはできたな

今日も私は、確かに生きていたわけだ

それだけでも
ありがたいことに違いない

何もできなかったわけではなかった
今日も私は、確かに生きていたわけだ




【あとがき】
 体の具合が悪いこともあって
(腰痛をはじめ、いろいろと)
今日は一日ゆっくりしようと思
っていても、いつの間にか「不
安」が頭をもたげてきて、苦し
くなります。ものを感じ、もの
を考えることができるのは、す
ばらしいことなのに。生きてる
ことはそれだけですばらしいこ
となのに。同じ苦しみを繰り返
す、愚かな私です。こんな私の
書き物を読んでいただいて、本
当にありがとうございます。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村 ポエムブログへ

お辞儀

2月13日6の20

大学生のときは電車通学だった
電車の窓からはいろんな広告が見えた

印象的な広告があった
仏具店の大きな広告で
仏像の写真を背景に
仏教の教えが記されていた

は形を求め、
    形はを進める」

「型」の重要性
様式美の本質
生き方のヒント

いくつかの言葉が連想されたが
よくはわからなかった

ただ、毎日のように広告を目にするたびに
仏具店の広告だからというわけでもないが
耳ざわりのよいリズムの言葉を
の中でブツブツと呟いているうちに
覚えてしまった

それから何十年も経ち
仕事からも引退した私は
ある、お世話になった方の葬儀に
参列する機会があった

式場の入り口にはご遺族の方々が並び
参列者をお迎えしている

そこで目の当たりにした
故人の奥様の御挨拶の姿に
私は打たれた

還暦はとうに過ぎていらしたが
背筋がぴんと伸び
相手の目をしっかりと見
深々と頭をさげる
その悠揚せまらぬ堂々とした所作が
誠に美しい

愛する人を失った悲しみと
お世話になった人々への感謝の思いが
混然一体となって体現されている

そしてこのとき
突如あの言葉が
によみがえってきた

は形を求め、
    形は心を進める」

思いをいかに形にし、相手に伝えるか
形をどう自分なりに確立するか

心は形を求めているのだ
形は心を確かなものに定めてくれるのだ

いかにお辞儀をすればよいのか
表現をいかにして高めていくか

今、人生の終盤にさしかかった私が
取り組むにふさわしいと考える
課題が見つかった思いだった



【あとがき】
〇「心は形を求め
     形は心を進める」
 調べてみました。どうやら仏教の
教えのようですが、結局出典はわか
りませんでした。

 今日も最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。

にほんブログ村 病気ブログへ
 にほんブログ村 ポエムブログへ


もの言わぬ教え

2月10日1の20
                  完成した組み立てキット(ワルサーPPK/s)


これも病気療養中のハビリの一環と
生まれて初めてモデルガンの
組み立てキットを買ってはみたが

オートマチックピストルの組み立ての難しさに
体調不良による休止と
病気の障害も加わって

普通の人なら1日でできあがるところ
春の終わりに組み立てはじめ
完成を見たのは5か月後の
夏の終わりのことだった

子どもの頃から図画工作は大好きだったが
作業をきれいに進めることに
まったく意を用いないから
手も服も、気がつくといつも汚れ放題

大人になってもそれは変わらず、その上
物事うまくいかないときはその原因を
自分以外の人や物のせいにする私

モデルガンの組み立てだって
部品の不具合を何度嘆いたことか

ところが説明書を改めて読むと
自分のやり方が間違っていることに気づく

やっと完成したモデルガン
カートリッジに火薬を詰め
マガジンに装填して銃本体に挿入

トリガーを引くと銃のスライド部が
勢いよく後退して排莢
銃は設計どおり、見事に作動

当たり前である
部品も組み立ても
そうなるようにできている

作業の進行を阻害したのは
自分の無理解と誤った思い入れ

を空しくし、素直に説明にしたがえば
成功するに決まっている

私のにはびこる無理解と誤った思い入れ
私に欠けている、私を成功に導く素直さ

モデルガンの組み立てキットが教えてくれた
物事の道理、世の常識

この世は
もの言わぬ教えに
満ちている




【あとがき】
〇「排莢」(はいきょう) 
 射撃し終わった空薬莢(からやっき
ょう)を銃の外へ出すこと。

 モデルガンやエアソフトガンなどの
トイガン、よくできてるもんですねぇ。
実際に手に取ってみて実感した次第で
す。この度完成させたのは、ワルサー
PPK/s。時々、箱から出して手に取り、
組み立ての苦労をぼんやりと思い出し
ては、達成感に浸っています。

 いつもみなさまからいただく応援に
感謝しております。
 今日も最後まで読んでくださり、あ
りがとうございました。
 日中は少し暖かですが、朝晩の寒さ
厳しき折、みなさまどうぞ、お体ご自
愛ください。

にほんブログ村 病気ブログへ
 
にほんブログ村 ポエムブログへ

心は・・・

2月8日3の30

は動く
青い青い空を
見上げた朝は

は動く
流れる雲を、真っ白な雲を
目で追ううちに

は動く
忘れられない
あなたの面影

そうして目覚める
薄汚い
私の下・・・



【あとがき】
 2月になって、私の住む地方も
雪が降りましたが、ここ数日は晴
れのよい天気です。春が待ち遠し
い今の季節、天気がいいと、ほっ
とします。何かいいことが起こり
そうです。被災されたみなさまに
いいことが少しでも多く降り注ぎ
ますように。これを読んでくださ
っているあなたに、いいことが少
しでも多く降り注ぎますように。

 最後まで読んでくださり、あり
がとうございました。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村 ポエムブログへ

煩悩

2月6日3の20
                          2月6日に降った雪です


ときどき
突然
なんの前触れもなく
たまらなく寂しくなることがある

そんなときは

面白そうな映画を観に行く
好きな歌を歌う
おいしい握り寿司を
腹いっぱい食らう

なんとか気を紛らして
寂しさに押しつぶされないようにする

そこにはいつも
一人ぼっちで

何かに
振り回されている
自分がいる

先日
寝ようと思って
ベッドに横たわり
布団をかぶったとたん
寂しさに襲われて難儀した

真夜中のこととて
映画館やカラオケボックスに行く気力はなく
お寿司屋はまだ開店前だ

一人で寂しさと向き合わざるを得ず
展転反側して夜明け近くまで眠れなかった

「煩悩」って
を悩ますすべての欲望のことだけれども
「寂しさ」も、何かを求めているのだとすると
煩悩の一つなのかな

人間の煩悩は百と八つあるのだそうだ
でも、私には
たった一つのような気がしてならない

死にたくないなぁ



【あとがき】
 いつも応援、ありがとうございます。
最後まで読んでくださり、ありがとう
ございました。

にほんブログ村 病気ブログへ
 
にほんブログ村 ポエムブログへ

冬のうろこ雲

1月31日14の30


冬の空に
うろこ雲が現れた

季節が逆戻りしたようで
空を見上げて人々は
最初はとまどっているようにも見えたが
その興味深い文様を見ているうちに
自然に口元は緩み、うれしそうにするのだった

冬のうろこ雲も
いいものですね

冬の空よ
あなたの空なんだから
あなたの美意識に基づいて
やりたいようにやればいい

空よ
あなたの人生なんだから
あなたの価値基準にしたがって
進んでいけばいい

あなたはあなたを
大切にしていけばいいんだ

泣いても笑っても
あなたの人生
あなたのものなんだもの



【あとがき】
 1月31日、私の住んでいる地方では、
お昼ごろ、空一面がうろこ雲のような雲に
おおわれました。うろこ雲は秋を代表する
雲ですが、秋にしか見られない雲ではない
ようです。

 今日も最後まで読んでくださり、ありが
とうございました。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村 ポエムブログへ

プロフィール

あさひなせいしろう

Author:あさひなせいしろう
 拙い文章を読んでいただき、とて
もうれしいです。心より感謝申し上
げます。
 もしも何か感じるものがありまし
たら、「フリーエリア」のバナーを
それぞれ1回ずつクリックしていた
だけると、さらにうれしいです。私
のブログの生きる糧になります。お
手数をおかけしますが、どうぞよろ
しくお願いいたします。
 こうして読んでいただけたのも、
何かのご縁にちがいありません。あ
なたの人生の今日というかけがえの
ない一日が、すばらしいものになる
ことをお祈りいたします。
 最後まで読んでいただき、ありが
とうございました。
  

このブログの訪問者

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR