おやすみ

   おやすみ

 喧嘩のあと
 「おやすみ」という
 どちらかの言葉かけに
 癪に障ることはあったとしても
 そこはぐっとこらえて
 ぼそっとでもいいから
 ともかく「おやすみ」と言葉を返せば
 細い細い糸かもしれないが
 二人の関係も
 明日に向かって
 何とかつながっていけるものだ

転んでもただでは起きるな

   転んでもただでは起きるな

 転んで地べたにはいつくばったときには
 そのまんま地面をなめるようにして
 百円玉が落ちていないか探してみよ
 立っているときよりも
 はるかに探しやすいはずだ
 転んでもただでは起きるな

 人ごみの中で転んでしまったときには
 恥ずかしいという思いをごまかさずに
 胸にしっかりと刻んで忘れるな
 その思いはやがて
 名誉を挽回しようとするときの
 熱き原動力になるはずだ
 転んでもただでは起きるな

 仰向けにひっくり返ってしまったときには
 高く澄んで広がる紺碧の空を見よ
 忘れてしまっていた清く美しいものを
 君は思い出すことができるだろう
 転んでもただでは起きるな

 失敗してしまったときには
 そこから教訓となることを導き出せ
 自らの経験から学べるようになれば
 失敗するたびに君は成長していける
 転んでもただでは起きるな

 人生は長いようで実は短い
 転んだことを嘆いているうちに
 時はまたたくまに過ぎてゆく
 君はそれでもいいのか

 転んで宝物を見つけるのだ
 転んで強くなるのだ
 転んで生きることの醍醐味を知るのだ
 転んで何かをつかむのだ
 転んでもただでは起きるな
 君の人生に幸いあれ
 

コーヒーを飲む

   コーヒーを飲む

 遅い朝食のあと、
 妻の淹れてくれたコーヒーを飲む。
 添えられたクリームも、砂糖も、
 全部入れて飲む。
 少しずつ、静かに飲む。
 ゆっくりと、味わいながら飲む。
 何事かを成し遂げた達成感に浸りながらではなく、
 何事かを成し遂げようという、
 ささやかな野を胸に抱いて、
 香り高く甘いコーヒーを飲む。
 窓からは冬の陽がさしこみ、
 ストーブにかけたやかんからは、
 ちんちんと湯気が立ちのぼる部屋で、
 少しずつ、静かに、ゆっくりと、
 味わいながらコーヒーを飲む。

光たち

   光たち

 すべての生あるものを屈服させようとする
 真夏の昼下がりの海辺の
 灼熱の太陽の光も

 人のを惑わす
 夕暮れの移ろいやすい
 残照の光も

 理性をとろけさせる
 夜の閨にともる
 老獪な灯火の光も

 あなたを支配することはできなかった

 それどころか
 あなたの天真爛漫な笑顔と
 光り輝く伸びやかな肢体は
 その光たちを虜にし
 あなたの忠実な下僕として
 その持てる力をあなたに
 一生涯捧げることを誓ったのだ
 
 戦う意志ももたずに
 あなたは光たちを支配してしまった
 あなたのいたずらっぽい笑顔に
 木漏れ日は笑いさざめき
 あなたの幸せそうな微笑みに
 朝日はいっそう輝きを増して応えた
 あなたのしなやかな手足の動きに合わせて
 光たちは風となって宙を舞った

 あなたは無邪気に歌い
 走り、踊り、伸びをする
 光たちはあなたに寄り添い
 あなたをより輝かせるための
 極上の演出を創造する
 あなたはますます美しくなり
 この世の祝福は
 あなたの頭上に
 途切れることなく降り注がれ続ける


 【あとがき】
  「深田恭子写真集『Brand  new  me』」(集英社)より。
  この、光あふれる美しい写真集との出会いに感謝いたし
  ます。

春爛漫

   春爛漫

 今日も暖かな陽気になった
 どこもかしこも光が満ち満ちて
 空も柔らかな春色に染まる

 庭先のキンモクセイの茂みの陰に
 今年もウグイスがやってきて
 初鳴きの練習を始めている

 ホホホホ キョ
 ホホホホ キョッ キョッ
 ホーホー キョッ
 ホーホホ キョッ キョッ

 もはや笹鳴きの課程はとうに修め
 初鳴きの練習も最終段階
 いよいよ始まる恋の告白

 こうしてウグイスはウグイスをもとめ
 おのれの生を全うしようとしている
 春爛漫に囲まれて
 私たちも生きている

 絶望するな
 疲れをとれ
 待てば海路の日和もあるぞ
 まずは温かな紅茶でも飲もう
 そして話はそれからだ

冬の日の目覚め

   冬の日の目覚め

 君が見せてくれた命のかがやき
 抱き上げると、私を一に見つめた
 きれいに澄んだ、きらきらした瞳

 離乳食を持っていくと
 もううれしくてうれしくて
 ベビーチェアの中で立ち上がって
 何度も何度も跳びはねながら
 母と父を迎えてくれたね

 はじけるような明るい笑顔
 耳をつんざく元気な泣き声
 そして、生まれたときからの
 まれに見る大食漢
 
 君が中学3年生のとき
 君は激しく私に反抗した
 「殴ってやりたい」と
 絞り出すように言った君の
 固く握りしめた右の拳は
 小刻みに震えていた

 初めて
 「パパ」ではなく
 「おとうさん」と
 呼んでくれた夜
 私はおとうさんになろうと思った

 すべてを優しく受け止めてくれた
 穏やかな微笑み

 父の無理解な言葉に
 黙ってこぼした一粒の涙

 生きようとする意志のたくましさ
 生きようとする意志の美しさ
 生きようとする意志のけなげさ

 君がその生を終えるまで
 一生懸命生きようとしていたその姿を
 私は夢の中で思い出していた
 そして無性に悲しくなって
 それから無性にさびしくなって
 私は目が覚めた

 寝室のレースのカーテンからは
 薄明るい外の気配が感じられ
 今日も
 君のいない
 いつもの朝が始まっていた

ある日の朝御飯

   ある日の朝御飯

 厳寒の冬の日の朝9時
 リビングには朝日がさしこみ
 石油ストーブにかけたやかんは
 チンチンと音を立て
 食卓には妻が作ってくれた朝御飯が並ぶ
 麦御飯のお粥、シジミのみそ汁、納豆
 アジの干物、白菜のお新香にたくあん
 そして、デザートのヨーグルト
 
 湯気の立つ温かな朝御飯
 部屋いっぱいに満ちあふれた光
 今日は日曜日
 さあ、幸せをゆっくりと味わい尽くそう

女優、その瞳

   女優、その瞳

 おぼえていますか
 夜空の星を見上げながら
 あなたが女優になることを
 に誓ったあの夜のことを
 
 あの夜、あなたは選ばれし人となりました
 美を司る神様が
 夜空を彩る星々の
 ささやくようなきらめきを
 そっと両手ですくいあげ
 明日を信じて眠りについた
 あなたの瞳にそそいだのです

 遥かな水平線の日の出を見やるときも
 恋しい人と見つめ合うときも
 悲しい涙を流すときでさえ
 だからあなたの瞳には
 いつでも夜空の優しさが
 静かに寄り添っているのです
 いつでも夜空の懐かしさが
 しんみりこもっているのです
 だからあなたのまなざしは
 人を安らぎへと導くのです

 あなたが運命として与えられた
 そのすらりと伸びた
 しなやかで優美な肢体も
 胸の高鳴りとともに熱くなる
 その蠱惑的な唇も
 誘惑するように波打つ
 そのブロンドの髪も
 神秘の光を宿す瞳の前ではもはや
 主役を引き立てるための
 脇役でしかありません

 夜が更けるほどに
 輝きを増す星々のように
 人生を深く味わうことで
 あなたの瞳の輝きは
 ますます美しくなるのでしょう


 【あとがき】
  その女優さんは、たとえばアンティーク調の家具が配置された部屋に
 ひとりで、ただ座っているだけでも、一つの物語が成立してしまうよう
 な、そんな存在感をお持ちの方です。女優になるために生まれてきたの
 ではないかと思えるほど、すばらしいオーラをお持ちです。特に、その
 瞳の美しさは、他にくらべるものがありません。
  このは、その女優さんのことを書きましたが、みなさんそれぞれの
 お好きな女優さんを思い浮かべていただければそれでよろしいのです。
 ちなみに、私がモデルにした女優さんの名前は、漢字3文字です。その
 うちの一文字をの中でも使っています。もしもご興味があれば探して
 みてください。女優さんの名前が私の考えている方ともしも一致したな
 らうれしいです。

牛丼屋

   牛丼屋

 街にはゆっくりと夕暮れが迫っていた

 年の瀬の雑踏から逃れるように
 5歳の息子と私は二人で
 とある牛丼屋に入った

 店内には甘じょっぱいしょう油だれのにおいが満ちていて
 まだ早い時間帯だったせいか、客の姿はまばらだった

 私は息子に座る場所を教え、コップに水を入れて与え
 牛丼の大と小を注文した 
 
 注文の品がくると、息子は背筋の伸びたきちんとした姿勢で
 小盛の牛丼を黙々と食べ始めた
 私も特に息子に話しかけることもなく、大盛りの牛丼を黙々と食べた
 そして二人は完食した

 店を出ると、街はまだ夕暮れの頼りなげな光の中にあったが
 人出が増えて、活気が出ていた

 5歳の息子と私は手をつないで
 込み合ってきた雑踏の中を進んだ

 あのとき
 私は確かに「父親」であったし
 あのとき
 息子は確かに「息子」だった

 街はまだ夕暮れの頼りなげな光の中にあったが
 あのとき
 私は間違いなく父親であった
 
 
 

私の・貧弱な・想像力

   私の・貧弱な・想像力

 「おれは、いまだかつて  この人生の中で  
  インフルエンザに感染したことは
  ただの一度もない!」
 と周囲に豪語していた私が
 とうとう、ついに
 あえなくそのインフルの軍門に下った

 3月7日火曜日の夜、突然の発熱と諸症状が出現
     頭痛、咳、鼻水、悪寒、全身の倦怠感と体の節々・腰の痛み 
 3月8日12時、コロナ・インフルの検査実施
 3月8日14時過ぎ、インフルA型の陽性が判明
     医師からタミフル及び解熱鎮痛剤等の処方を受ける
     その後、薬を服用するも体温は上がり続け、
 3月8日23時の体温38度3分
 3月9日 2時の体温39度0分
 
 調子に乗ってインフルへの
 挑発的な言動を
 あたりかまわず発し続けた
 それに対するしっぺ返し
 インフルの報復は強烈だった  
 体温は39度に急上昇
 これにはさすがに驚いて
 このままではまずいと思った私は
 寝ていたベッドから起き上がろうと
 意識もせずに普段どおり
 布団をはねあげむっくりと
 起き上がるはずがどうしたことか
 体がちっとも言うこと聞かぬ
 体に力が少しも入らぬ
 世間はすっかり夜も更けて
 「草木も眠る丑三つ時」
 妻は別室にいるのだが
 同じ病で床に臥す
 声をかけるわけにはいかない
 ベッドの端っこをつかんだり
 そばにある本棚に手をかけて
 やっとの思いで上体を起こすも
 めまいが襲って動けない
 立ち上がれない、歩けない
 こりゃもう事実の上では
 ほとんど人事不省の一歩手前
 自分はもう寝たきりになっちまうのか
 不安で頭が爆発しそうに
 
 それでもそのままでいるわけにもいかず
 動かぬ体に鞭打ち続け
 無理やり体を動かした
 冷蔵庫からは保冷剤
 箪笥からは手拭い2本
 頭と首に巻きつけ冷やし
 はうようにしてベッドに戻り
 力も尽きて倒れ込む

 へとへとになってベッドに大の字
 仰向けになって天井を見れば
 何だか船酔いにでもなった気分
 天井がゆっくり回ってる
 熱で意識はもうろうとしてても
 意識は流れることをやめない
 頭の中にはいろんな情景が
 次々と浮かんでは消えてった

 動かない体を
 何とかして動かそうと
 もがき苦しむ私

 頭が混乱して
 意味のない動作を
 何度も繰り返す私

 は慌てふためくのだけれども
 体の動きはスローモーションにしかならない
 情けない私
 
 ふと、父のことが思い浮かんだ
 父は9年前にこの世を去った
 最晩年は老人介護施設でお世話になり
 身体も弱っていたので車椅子での生活だった
 週に一度、車椅子に乗せて自宅に連れ帰り、
 お昼を一緒に食べた
 カツオのたたきが大好きだった
 車椅子から立ち上がることはできたし
 立ち上がることができれば
 スタスタと比較的スムーズに歩くことも可能だった
 しかし、一度畳の上に座ってしまうと
 そこから自力で立ち上がることは難しかった
 全身の筋肉が衰えてしまっていた

 父はどんな苦しみの中で生きていたのだろう

 帰宅外出の時、介助役を担うのは私だった
 父を介助するにあたって私は、
 「想像力を働かせて父の思いをくみとる」ことをがけた
 しかしそんなことが一体どれほど可能だったのか
 今よりずっと元気だった私は、私の想像力を総動員したとして
 衰えた自分を自覚しなければならなかった父の苦しみを
 どれだけ理解できたというのか

 想像した世界と、目の前に立ち現れた現実の世界
 実感を伴った思考とそうでないものの間には
 比較することが意味をもたないほどの違いがある
 今回の病を得て
 私は想像できなかった苦しみに見舞われ
 私の想像力はどうも安っぽい
 あまり行き届いたものではないことに気づいた

 だから
 あらためて考えてみたくなった
 父はどんな苦しみの中で生きていたのだろう

 動けないことの衝撃と苦しみ
 それが常態化することへの恐れと不安
 眠れぬ夜のやるせなさと焦燥
 
 施設に入っていた父は
 枕もとに置いてある目覚まし時計を何度も落として壊した
 そのたびに私は父に小言をいったが、今にして思えば 
 眠れぬ夜、ただ横になって時のたつのをじっと待つしかなかった父は
 目覚まし時計を手に取って、もう何時間たったのか、いや、何分たったのか
 時の流れを目視しながら、夜明けの近さを確かめたかったのだろう
 そして何度も繰り返すうちには、手を滑らせて時計を落っことすことだってある
 
 父の苦しみを、私は想像できていなかった
 実感をともなってから理解できていなかった
 想像力は、この荒海のような人生を生き抜いていくために
 大切に育んでいかねばならない必須の能力であるけれども
 私のそれはどうもかなり貧弱であるようだ
 それはそれで仕方がない
 要は、貧弱であることをしっかりと自覚して
 それを補う努力をしていくことだ
 それが私に命を授けてくれた
 父の恩に報いることでもあると
 私は信じる

 想像力が貧弱であっても
 その事実にへこたれずに
 私は生きていくぞと、生きていってやるぞと
 病もそろそろ癒えようとするころ
 私の気持ちもかたまってきた

 さてさてインフルエンザの症状は
 熱が平熱のレベルに落ち着いて2日が経過し
 お陰様にて感染拡大の危険もなくなり
 みなさまと普通に接することが可能となりました
 ただ、そうはいっても「あさひなせいしろう」と発します
 この私が誰であるかは、
 どなたもご存知ないわけですけれども・・・・

プロフィール

あさひなせいしろう

Author:あさひなせいしろう
 拙い文章を読んでいただき、とて
もうれしいです。心より感謝申し上
げます。
 もしも何か感じるものがありまし
たら、「フリーエリア」のバナーを
それぞれ1回ずつクリックしていた
だけると、さらにうれしいです。私
のブログの生きる糧になります。お
手数をおかけしますが、どうぞよろ
しくお願いいたします。
 こうして読んでいただけたのも、
何かのご縁にちがいありません。あ
なたの人生の今日というかけがえの
ない一日が、すばらしいものになる
ことをお祈りいたします。
 最後まで読んでいただき、ありが
とうございました。
  

このブログの訪問者

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR